世界に通じるエクセル技術MOS

スキルアップ・就職に活用できる資格として今注目されているMicrosoft Office Specialistの資格は世界に通じる資格であり、持っているパソコンを扱う技術をこの資格を所持していることでアピールすることが出来ます。これはWindowsなどでおなじみのMicrosoft社による、Microsoft Officeを使いこなす技術を証明する資格であり、ワード・エクセルに関してはSpecialistだけでなく、更にその上のExpertもあります。

この資格はワード・エクセルの2つが一般的でありますが、それだけでなく、パワーポイント・アクセス・アウトルックの5種類が用意されています。
この資格を取得するには、毎月日本全国で行われている試験や、大学などといった団体による団体受験によって指定された日時に行われる試験を受ける必要があります。

この試験の難易度に関しては、もちろん世界に通じる資格であるので、しっかり勉強しないと合格が難しいです。ですが、業務などでOfficeを取り扱っている場合は、日頃の業務で使用している知識に、試験に合格するためのに必要な知識を把握して試験に臨むことで効率よく勉強が進みます。

ゼロから勉強を始める場合の準備に関しては、まずはこの資格のテキストとMicrosoft Officeを購入・ダウンロードします。テキストに関しては公式のものもあるので、これを使用するのが無難ではありますが、自分に合っていると思うテキストがあるのであれば、それを使用すると良いでしょう。
また、これだけでなく、対策講座も行われており、試験も一緒に受けられることも多いので、これを利用すると言う勉強法もあります。

MOSのエクセルの試験を受ける場合、Specialistの試験内容は必要なワークシートの作成、セルのデータの整理、グラフの作成など、仕事で使う際に必要な知識に加え、関数に関する知識が問われます。
Expertに関してはこれよりもさらに難易度が上がり、難しい関数の知識や作成の難しいグラフの作成などといったことが出題されます。

Specialistの試験時間は50分、Expertの場合はpart1とpart2の2種類があり、どちらも試験時間は50分です。
このpart1とpart2どちらにも合格することでMOSのエクセルのExpertの認定証が発行されます。
再受験をする際は、1日時間を空けて受験しなければいけないので注意が必要です。

ブックマークサイト

SEO対策は、内部対策と外部対策両方が大切
順位上昇に必要なSEO情報、レポート、実際に上昇した事例等のコンテンツを公開してます。

設備の点検システムをタブレットで行う
簡単操作で業務効率化する 「CHECKROID」

日本刀・刀剣・刀・古武具など各種買取の勝武堂
遺産相続・保管などでお困りならご相談を!